ダウンスイングで腰が左へ流れる (脚揃えドリル)

<解説>

ダウンスイングで腰が左へ流れ過ぎると、右肩が下がりインサイドアウト軌道になります。 球は右に飛び出したり、フックしたりします。 左腰が伸び上がる動きが出た場合、トップやスライスも出ます。さまざまなミスショットの原因です。

体重移動を意識し過ぎると腰が左に流れます。 ダウンスイングで腰はアドレスの位置に戻すようにすると良いです。

脚揃えドリルはスイング中、体の横揺れを矯正します。 最初は窮屈で振りにくく感じますが、慣れてくるとフルショットの8割くらい飛ばすことが出来ます。 ドリルと通常スタンスのスイングを繰り返し行うと効果的です。腰の動きが良くなり、球を正確にヒットしやすくなります。

<ドリル動画>


正面から

後方から
戻る







(C) Copyright こそれんGolf All rights reserved.