ダウンスイングで体が開く (クラブ担ぎドリル)

<解説>

ダウンスイングで体の開きが早いと、アウトサイドイン軌道に振り抜かれます。ヒッカケやスライスボールが出やすくなります。

バックスイングで体が回転していないと結果的にダウンスイングで体が開きます。 ドリルは体を回す練習になります。

アドレスの姿勢でクラブを担ぎ、左手が顔の前に来るまで肩を90度回転すると良いです。ダウンスイングからフィニッシュでは右手が顔の前に来るまで回します。 ドリルで、バックスイングとダウンスイングを繰り返し上半身の回転を体感して下さい。

バックスイングで肩が90度回転するようになると、ダウンスイングで体が開かずにスイング軌道も良くなります。 ドリルと打球練習を繰り返し行うと徐々に良くなってきます。

<ドリル動画>


正面から

後方から
戻る







(C) Copyright こそれんGolf All rights reserved.